妖怪だるま

sketch / image
DOWNLOAD
  • 2010.09
for IDEA International

 1967年に登場して以来根強い人気を誇る漫画「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターを中心に、日本古来から言い伝えられている妖怪をモチーフにしたダルマ、120体のデザイン。
日本はアニメや漫画、ゲームなどから派生した「キャラクター」の輸出大国として知られているが、自然現象や偶発的な物事を擬人化することでストーリー性を生み出したり、愛着を感じさせることが「妖怪」の役割のひとつであったことを考えると、「妖怪=キャラクターの原点」と言っても過言ではないかもしれない。また、そのキャラクターが具象化されたフィギュアがコケシやダルマといったものの延長線上にあるものと仮定すると、「妖怪」と「ダルマ」の親和性は高く、両者を融合させることでそのキャラクター性を際立たせることを考えた。
全国から幅広い世代の「妖怪ファン」が集まって小額出資をする「妖怪ふぁんど」が開発資金を調達し、水木プロダクションの監修のもと、デザイン雑貨で知られる株式会社イデア・インターナショナルが企画と販売を担当し、岐阜県多治見市の産地メーカーが製造を行う、という編成でプロジェクトは進められた。これにより、単なるキャラクターグッズの開発という枠組みを超えて、地域文化や地場産業の活性化にも寄与するコラボレーションとなった。

kitarou medamaoyaji nekomusume nezumiotoko konakijijii sunakakebabaa ittanmomen nurikabe nurarihyon hitotumekozo uwan shunobonkitarou_all_01 yokai_daruma01