ASOBIO Cloud Nine

  • Shanghai
  • 2008.11
for ASOBIO

イタリア発のファッションブランドの中国初の旗艦店のインテリアデザイン。この店舗を皮切りに、今後継続的に店舗数を増やしていく計画のため、統一されたデザインフォーマットが求められつつも、それぞれ店舗ごとの個性を表現したいという要望から、全ての店舗を横断する「ブランドコンセプト」と店舗毎に異なる「テーマ」を与えることに。
ブランドコンセプトは「撮影スタジオ」とし、映像や写真の撮影に使われる備品や機材をモチーフにすることで撮影の「対象物」としての商品を際立たせたいと考えた。フィルムを確認するための「ライトボックス」は棚として使われ、ハンガーラックはカメラ用の「三脚」のようなディテールに。ペンダントライトは「スタジオ用スポットライト」をイメージし、「望遠レンズ」を立てたような脚のバスケット、「白バック」のようなショーウィンドウ、そしてドレッシングルームは赤い光が灯った「暗室」のような薄暗い空間にし、人が入ると同時に明るくなるようにした。
また、上海店のテーマは「自分自身を映す」ことから「鏡」とし、壁面に「本物の鏡」と、人が通ることが可能な「偽物の鏡」を組合せながら配置していくことに。こうすることでメンズとレディーズ、カジュアルとフォーマル、アクセサリーといった性質の異なるな商品群を壁で区分しながらも窮屈にならないような空間となった。
二種類の鏡を使い分けることで、視覚的な広がりや連続性だけでなく、壁の裏に隠れた「もうひとつの店舗」を散策するような空間体験を目指した。

130_Asobio_cloud_nine_sketchASOBIO_cloud_nine06ASOBIO_cloud_nine03ASOBIO_cloud_nine02ASOBIO_cloud_nine04ASOBIO_cloud_nine08ASOBIO_cloud_nine05ASOBIO_cloud_nine09

Photographer : Daici Ano