border table

sketch / image
DOWNLOAD
  • 2015.10
for EYE OF GYRE

表参道のギャラリー「EYE OF GYRE」にて行われた個展のために制作したコレクション。
量産される家具をデザインする際に、その家具が使用される状況を事前に把握することは難しく、必然的により多様なシーンに対応できる「平均的なスペック」のデザインとなりがちである。また、そのような家具が空間を満たすことで空間もまた均質化されていく。そこで、あえて特定の空間から家具のデザインを着想することで、空間と家具の間に新たな関係性が生まれることに期待した。ギャラリーを歩き回りながら、部屋のカドや飛び出している丸柱などの通常は「邪魔」な要素からイメージを膨らまし、空間に置かれた際のバランスと、家具自体のプロポーションの検証を交互に行うという特殊なデザインプロセスにより、5mm角の金属棒の一部に直径100mmの小さな天板が付いた、不思議なテーブルたちが生まれた。それは壁のスミやカド、床のキワ、展示台などにまるで「寄生」するようにしながら、空間要素を構造の一部として活用するようなデザインとなった。

border_table_sketch border_table01_hiroshi_iwasaki border_table02_hiroshi_iwasaki border_table03_hiroshi_iwasaki border_table04_hiroshi_iwasaki border_table05_hiroshi_iwasaki border_table06_hiroshi_iwasaki border_table07_hiroshi_iwasaki border_table08_hiroshi_iwasaki border_table09_hiroshi_iwasaki border_table10_hiroshi_iwasaki border_table11_hiroshi_iwasaki border_table12_hiroshi_iwasaki border_table13_hiroshi_iwasaki border_table14_hiroshi_iwasaki border_table15_hiroshi_iwasaki border_table16_hiroshi_iwasaki border_table17_hiroshi_iwasaki border_table18_hiroshi_iwasaki border_table19_hiroshi_iwasaki border_table20_hiroshi_iwasaki border_table21_hiroshi_iwasaki border_table22_hiroshi_iwasaki border_table23_hiroshi_iwasaki border_table24_hiroshi_iwasaki border_table25_hiroshi_iwasaki border_table26_hiroshi_iwasaki border_table27_hiroshi_iwasaki border_table28_hiroshi_iwasaki border_table29_hiroshi_iwasaki border_table30_hiroshi_iwasaki border_table31_masaya_yoshimura border_table32_masaya_yoshimura border_table33_masaya_yoshimura border_table34_masaya_yoshimura border_table35_masaya_yoshimura border_table36_masaya_yoshimura

 

Collaborator : ike
Photographer : Hiroshi Iwasaki (1-30), Masaya Yoshimura (31-36)