cabbage chair

sketch / image
DOWNLOAD
  • 六本木
    21_21 DESIGN SIGHT
  • 2008.03
for 21_21 DESIGN SIGHT

東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTの1周年を記念した、三宅一生氏ディレクションによる企画展「XXIc. -21世紀人」のためにデザインした小椅子。
プリーツ布地を製造する過程で大量に廃棄されるプリーツ紙を使って家具を作って欲しい、という三宅氏からのリクエストに対して、ロール状に巻き取られたプリーツ紙の束を、まるで野菜の皮のように一枚一枚剥いていくことで、小椅子が生まれた。
加工性を良くするために、紙に最初から配合されていた樹脂成分による、強度と形のクセのつけやすさ、また、紙にかかったプリーツ自体による、伸縮性と弾力性によって、小椅子は荒々しい表情ながらも、柔らかい座り心地が自然と生まれた。
また、とても単純な製造プロセスのため、コンパクトな束の状態で配送し、自分自身で剥いて椅子に完成させるという販売方法も将来的には可能だと考えた。骨組みや仕上げなどがなく、釘やネジも使わないプリミティブなデザインは、製造・物流コストや環境問題といった、21世紀に我々が抱きつつある諸問題に緩やかに順応し、三宅氏が思い描く「衣服をまとっていくのではなく、脱皮をしていく」ような、よりエネルギッシュで前向きな「21世紀人」の姿に呼応している気がした。

111_cabbage_chair_sketch
t_cabbage_photo01
t_cabbage_photo02 cabbage chair09 cabbage chair10 cabbage chair11cabbage chair12 cabbage chair13 cabbage chair14 cabbage chair15 cabbage chair18 cabbage chair19cabbage chair23
cabbage-chair25 cabbage-chair27

Photographer : Masayuki Hayashi