chocolatexturebar

sketch / image
DOWNLOAD
  • 2016.01
for by | n

2015年に発表した「chocolatexture」は、原材料は同一だが形状の異なるチョコレートで、その違いが味の違いとして認識されることをテーマにした。このデザインを通じて感じたのは、「食べる」というのはひとつの行為とされがちだが、実際は「舌に載せる」「噛む」「口の中で転がす」「溶かす」「飲み込む」といったいくつものプロセスを経て味が認識されるということだった。
「chocolatexturebar」は1枚の板チョコだが、表面が12面に分割され、それぞれの質感が異なっている。この面が舌に触れるように味わうことで、やはり従来のチョコレートとは違う次元の味の違いを楽しむことができる。質感を生み出す立体的なパターンにはストライプ、ドット、ジグザグ、格子柄、波柄などがあり、それぞれ立体感も異なる。チョコレートの味はミルク・いちご・ホワイト・ビター・抹茶の5種類を用意した。chocolatexturebar_sketch

chocolatexturebar01_akihiro_yoshida chocolatexturebar02_akihiro_yoshida chocolatexturebar03_akihiro_yoshida chocolatexturebar04_akihiro_yoshida chocolatexturebar05_akihiro_yoshida chocolatexturebar06_akihiro_yoshida chocolatexturebar07_akihiro_yoshida chocolatexturebar08_akihiro_yoshida chocolatexturebar09_akihiro_yoshida chocolatexturebar10_akihiro_yoshida chocolatexturebar11_akihiro_yoshida chocolatexturebar12_akihiro_yoshida chocolatexturebar13_akihiro_yoshida

Collaborator : nis
Photographer : Akihiro Yoshida