cubic clock

sketch / image
DOWNLOAD
  • 2019.11
for THE HOUR GLASS

2本の針を使って時刻を伝えてくれる時計。長針と短針が重なる瞬間は1日に22回あるものの、そのうち「12時」と「0時」というたった2度だけ、2本の針が垂直方向に綺麗に重なる。この、どことなく気持ちをリセットさせてくれるような感覚をよりどころに、キューブ型の時計をデザインすることに。キュープのカドを斜め方向に2箇所スライスすることで、切り取られたパーツが2本の針に。さらにもうひとつのカドを切り取ると台座となり、上を向いている稜線が「12時」を示す。
このように、要素を加えていくのではなく、切り取っていくことによって 1日にたった2回だけ本来の姿を現す時計が生まれた。

Collaborator : nis
Photographer : Hiroshi Iwasaki