heco

sketch / image
DOWNLOAD
  • 2020.10
for Flos

イタリアの照明メーカーFlos社のためにデザインした、フレームと球状の光源を組み合わせたアウトドア用のライティング・コレクション。
テーブルタイプは 正方形と長方形の2種類あり、いずれも「照明用」と「天板用」という、ふたつのフレームが入れ子状になった構成になっている。照明用のフレームは発光体の「重み」によって柔らかに沈み込んでいるような形状に。天板の中にはバッテリーが内蔵され、また、ふたつのフレームは1本の脚で繋がっているため、バッテリーから光源への通電が可能となるだけでなく、その脚がピボットとなり、回転することでふたつのフレームの角度が変化させられる。
フレーム部分を壁に立て掛けるようにして使用するウォールタイプは、光源を壁に柔らかく押さえつけたようなフォルムにし、また、コーナータイプは壁のカドに合わせて縦横2方向で使うことを想定した形状となっている。
フレームを意図的に「柔らかく」見せることで、本来は存在しないはずの光の「物質感」を感じさせるようなデザインとなった。