notescape

sketch / image
DOWNLOAD
  • 2009.1
for Moleskine

200年以上の歴史を持つモレスキン社(イタリア)のノートを使って、世界の50人のクリエイターが自由に創作した作品を展示する「Detour展」の出品作品。
nendoのモノづくりはその対象物が何であれ、一枚のスケッチにはじまり、その後はすぐに3次元に変換されて検証作業が進められる。途中で方向性に迷うことがあると、また最初のスケッチに立ち戻ることで軌道修正がされる。プロジェクトが長期化すればするほど、その行き来は繰り返され、スケッチはいわば居心地の良い「場所」のように感じられる瞬間がある。スケッチブックのページを一枚一枚カットしていくことで小さな風景を立体的に表し、2次元と3次元の狭間で機能するスケッチの存在と、「場所」としてのスケッチブックを表現したいと思った。

154_notescape_sketchnotescape01 notescape02 notescape03 notescape04 notescape05