ondle

sketch / image
DOWNLOAD
  • 2006.11
for FSB

ベルリンで開催された「Handle Couples Project」への出品作品。
ドアハンドルのメーカーであるFSBが主催するこの展覧会のテーマは、常にペアで使用されるハンドルが同一のデザインであることに疑問を投げかけ、それぞれに異なるデザインをすることで魅力的な「カップル」としてのハンドルになるという趣旨である。
そこで、二つのハンドルを、時として発生する男女のカップルの温度差に見立て、形状は同一ながら片方のハンドルは「氷結」もう一方は「灼熱」したように感じるような塗装を施した。読み取ることができない相手の内面を覗くときの心情と、反対側を見ることのできないドアを開く時のドキドキ感と、塗装によって触れることへの一瞬のためらい、という3つの感情を重ね合わせた。名前は日本語の「ondo(温度)」と「handle」を合わせて「ondle」とした。

086_ondle_sketchondle-photo01_t ondle-photo02_t