peel

sketch / image
DOWNLOAD
  • 2009.12
for 361° ceramic japan

一部が「めくれた」このコップは、ティーバッグの糸を巻き付けておいたり、スプーンを引っ掛けたまま飲むことができ、さらに、その状態で蓋を閉じられるため片手で持ち運ぶことができる。蓋は紅茶を蒸らすだけでなく、底に高台をつけることで小皿としてお菓子をのせたり、使い終わったティーバッグやスプーンを置くのに使えるようになった。また、コップの底面にも2段の高台をつけることで、コップ同士、フタ同士、フタをしたコップ同士など、どの組み合わせでもスタッキングができ、すっきりと収納できるようになった。

167_peel_sketchpeel_01peel_03peel_10peel_11peel_06peel_07peel_08peel_09peel_19peel_21peel_22peel30peel31

Photographer : Masayuki Hayashi