tangent

sketch / image
DOWNLOAD
  • 2019.01
for Atelier Swarovski

「スワロフスキー」は、1895年にオーストリアで創業したクリスタルガラスブランド。
そのスワロフスキーのホームコレクション「アトリエ・スワロフスキー・ホーム」のために デザインしたインテリア雑貨コレクション。

キューブ状のフレームの中で、クリスタルの円盤と大小様々な金属製のリングが最小限の「点」で 触れ合っていることで、まるでギリギリのバランスでお互いが重なりあっているかのように見える デザイン。
リングの場所や向き、大きさによってキャンドルホルダーや一輪挿し、ミラーなどの機能を持ち、フラットカット加工が施されたクリスタル越しに花やキャンドルの炎が楽しめるように円盤は配置されている。

鏡面仕上げのフレームにはブルーのクリスタル、黒マット仕上げのフレームにはブラックのクリスタルと各2種類を用意。
お互いが点で接していることから、コレクション名は「tangent(=接点)」と名付けた。

Collaborator : nis
Photographer : Akihiro Yoshida