teapot bottle

sketch / image
DOWNLOAD
  • 2007.12
for 静岡茶商工業協同組合

ペットボトル入り緑茶がコンビニなどで手軽に飲めるようになり、若年層を中心に普及したことは喜ばしい反面、急須で煎れた緑茶の本来の旨味も知ってもらいたい、という静岡茶商工業協同組合の思いから、本格的な緑茶が楽しめる水筒のデザインをすることに。
短い時間で煎れる「お湯出し」と長時間抽出させることで甘みが増す「水出し」のどちらにも対応し、飲む際に茶葉が口に入らないように、という要望に対して、水筒内に茶漉しで挟んだ2つの空間を設け、お茶を飲む直前に水筒をくるりと引っくり返して好みの時間だけ抽出させる、という方法を提案した。この一連の所作が紅茶のティータイマーに似ていることから、水筒は「砂時計」のような形になり、結果として容量を確保しながらも手に収まりやすいデザインになった。

106_teapot_bottle_sketchteapot bottle01 teapot bottle02 teapot bottle03 teapot bottle04

Photographer : Masayuki Hayashi