tokyo baby cafe

sketch / image
DOWNLOAD
  • Tokyo
  • 2010.04

東京・表参道にある、赤ちゃんを連れた両親が周囲に気兼ねなく利用できる「親子カフェ」のデザイン。絵本やおもちゃがたくさん揃い、プレイルームや授乳室、おむつ替え室、個室が備わっており、ベビーカーを意識したゆとりのある通路や、子供がいたずらをしないようにスイッチや取手などを高い位置に配置するなど、様々な配慮がされた設計になっている。
「大人」と「子供」という極端に体の大きさが違う2種類の利用者が同時に楽しむ場所であることから、デザインは、その「スケール感の違い」を切り口とすることに。大人と子供では座るイスも違うし、食事の内容も違う。また、同じものを見ても、感じていることはまったく異なる。同じテーブルでも、大人はテーブルの上と、そこに置かれている物を意識しながら生活している。しかし、子供にはテーブルの裏が見え、テーブルの脚はまるで柱のように感じ、天板は屋根のような感覚で日常を過ごしている。そういった「子供目線」と「大人目線」を活かした、「すごく大きい」ものと「すごく小さい」もので構成されたデザインになった。
授乳用のソファが「すごく大きく」なったものがプレイルームになり、「すごく小さく」なったものがおむつ替え用の台として。大きい窓に小さい窓。大きい電球に小さな電球。床のフローリング材もよく見ると大小ある。「大人の目の届かない」テーブルや棚の裏にも、動物の親子のイラストが隠れている。そんな、「親子」がたくさん散りばめられた、「親子カフェ」となった。

181_tbc_sketchtokyo baby cafe02tokyo baby cafe01tbc08 tokyo baby cafe03 tbc10tbc12 tokyo baby cafe05 tokyo baby cafe06tbc11 tokyo baby cafe07 tokyo baby cafe08tbc15tokyo baby cafe09tbc13tbc18tokyo baby cafe10 tokyo baby cafe11 tokyo baby cafe12tbc25

Photographer : Jimmy Cohrssen