Creatures office

株式会社クリーチャーズは、ポケモン原作3社の1社。主に『ポケモンカードゲーム』の開発と、
ビデオゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズから派生するデジタルゲームの開発、ポケモンの3Dモデリング・モーション制作を行っている。
同社の新オフィスのエントランスとミーティングスペースのデザイン。

ポケモンカードゲーム(通称ポケカ)は、ポケモンが紙製のカードに描かれたトレーディングカードゲームで、
1996年10月に発売以来、長年に渡って世界中のファンに愛され続けている。
ポケカは、一枚の大判の紙に様々なデザインが精巧に印刷された後、横63mm × 縦88mmという小さなサイズに細かく切り抜かれる。
その1枚1枚にたくさんの工夫やアイデア、そして情緒的な価値が込められている点が特徴であることから、
オフィスのインテリア空間も、ポケカの製造プロセスと同様の表現とすることに。

2.3mm厚の一枚のスチール製の板に、
ポケカの特徴を抽象化した原寸サイズのグラフィックをレーザーカットで施し、カード型に切り抜き、
一枚一枚折り曲げていくことで視線をコントロールしたり、空間に表情を与えている。
カードごとに12種類の角度が指定されており、ひとつひとつ手作業で曲げ加工。
また、通常のカードだけでなく、「シークレット」として空間内に9種類の「エネルギーカード」が1枚ずつ隠れている。

全体の空間レイアウトは、通常の四角い部屋と四角いテーブルの組み合わせではなく、
いずれのスペースも柔らかい曲面状の壁で構成されつつ、それぞれ異なる形状や大きさに。
そして、テーブルもひとつひとつが異なる有機的な形状にすることで、
ミーティングの形式や人数に応じて緩やかにレイアウトを変化させることが出来る。

こうした考え方は、創設当初のクリーチャーズのロゴに複数の有機的な生命体のような形状が添えられていたという話から着想を得たもので、
そこには様々な生命体が環境や状況に適応しながら進化している様子が表現され、
同社もそのような組織であり続けたい、との考えが込められていた。
この想いをオフィスという環境に反映しようと考えた結果のデザインとなった。

Client:
Creatures
Collaborator:
Yuko Hata
mado
Hsieh Hui-Hsi
Madoka Takeuchi
Photographer:
Takumi Ota
2023.01